kimono black
要らない着物をリサイクルショップで売ろうとしていませんか?
着物を売る方法には様々な方法がありますが、間違った方法を選んでしまうと全く値段が付かない場合があります。
せっかく売るのであれば適正な値段で売りたいですよね。
着物を処分する方法から買い取ってもらう際の注意点まで解説していきます。

着物の処分に困ったら?不要な着物を処分するデメリット

不要な着物がある際にその取扱いに困ってはいませんか?処分の方法として、考えられる方法とそのメリット・デメリットに関して以下のことが考えられます。

着物をリメイクする

メリット
お気に入りの着物を手元に残すことができる。小物や洋服など自分の好きなものをつくることで再び着物を楽しめる。
デメリット
リメイクする技術が必要。自分でやるのには手間がかかる。

着物屋さんに持っていく

メリット
着物を見る目がある人に買い取ってもらえる。
デメリット
店舗まで行く手間や時間がかかる。

オークションに出す

メリット
値が付くものであれば自分で値段を決め売ることができる。
デメリット
買い手が付くかどうかわからない。オークションに出してから値が付くまで時間がかかり、買い手とのやり取りなどの手間が非常にかかる。

フリーマーケットに出す

メリット
実際に買い手と話すことができる。フリーマーケット好きにとっては楽しい。
デメリット
売れないことがある。出店の手数料がかかり、まとまった時間を取らなければならないなど準備が大変である。

友人に譲る

メリット
親しい人にまた着物を着てもらえる。
デメリット
着物の好みが合うかどうかわからない。数がたくさんある場合には貰い手を見つけるのが大変である。

ゴミとして処分

メリット
考えることが少なく処分できる。
デメリット
着物の数が多い場合処分にお金がかかる。

このようなものでしょうか。様々な方法がありますが、手間などを考えるとやはりリサイクルショップや着物専門店で売ることを考える方が多いのではないでしょうか。

着物はリサイクルショップでは高く売れない可能性も

リサイクルショップなんでも取り扱っているリサイクルショップは、大きな町には必ずあり非常に便利なお店ですよね。しかし、着物を売りたいのであればリサイクルショップに行くのはオススメ出来ません。なぜなら着物の価値は着物の専門知識がある人でないとわからないかです。大きなリサイクルショップには着物の専門知識を持っている人がいることはほとんどありません。汚れがあるかどうかなどマニュアルに沿って査定されてしまうので着物の価値が安くなってしまうことが多いです。専門の査定員がみると少しの汚れやシミがあったとしても高値が付く場合があります。着物に特化しているなど特殊な場合でない限りリサイクルショップに持ち込むことはオススメ出来ません。大切な着物に相応の値段が付かなかったら悲しいですよね。

着物買取は専門の業者への依頼がオススメ

着物の女性
前述のように専門知識がないと着物の価値はわからないものです。着物に関する知識を豊富に持っており、希少価値を見極めてくれたり、着物の種類に応じてしっかり値をつけてくれます。着物専門店で買い取ってもらうにしてもいくつかの方法があります。店舗出向いて査定を行ってもらう持ち込み買取、自宅に査定員に来てもらい査定してもらう訪問買取、着物を発送して査定に出す宅配買取などです。中でもオススメなのが出張買取です。自宅に査定員に来てもら自分で店舗に足を運ぶことや、発送の準備などの手間がかかりません。出張・査定の手数料は無料というところもありますので是非利用してみてください。

着物っていくらで売れるの?着物買取の相場価格

着物の女性・電卓着物はいくらくらいで売れるものなのでしょうか。着物の価値は着物の種類や誰によりつくられたものか、ブランドなどにより異なり新しいものほど高値がつきやすいです。目安として、新品の保存状態の良いもので元値の10%程度、中古のもので5%程度とされています。また、和装小物を売りたいと考えている場合、着物とセットであれば単体で売るよりも高値がつきます。例えば、下駄を売りたいと考えている場合単体ではほとんど値が付かないことが多いのですがそれに合わせた着物があればセットで買い取ってもらえることが多いです。

買取価格が付かない場合も・・・値段が付かなかった着物の処分について

買取が難しいとされているものをいくつかご紹介します。
・喪服
喪服はリサイクル市場の需要が少ないので、買取は難しいとされています。喪服は査定自体断られてしまう場合もありますので事前に確認が必要です。
・素材が絹以外のもの
着物の生地にはウールや化学繊維、麻などいくつか種類があります。一番値が付くのは100%絹でできたものです。麻などは買い取ってもらえますが、ウールや化学繊維などは買取を断られてしまう場合があります。業者さんによっては何の種類でも買取可能をしているので確認が必要です。
・傷みがひどいもの
クリーニングで落ちないような痛みの激しいものは買取は難しいと考えましょう。傷の軽いものでしたら買い取ってもらえる場合が多いので自分で判断せずに査定してもらうことをオススメします。

・買取してもらえない場合は?
値段が付かなかった場合、自分で処分すると考えていいでしょう。一部のお店ではそのまま引き取ってくれる場合もあります。自治体のごみに出す場合は、古着・古布などの資源ごみとして扱っている場合が多いです。

一円でも高く売る!着物買取のコツ

着物
着物を高く買い取ってもらうコツとしては、先述のように着物買取専門店に買取を依頼することが重要となります。その価値に見合う適正価格をつけてもらうためです。他には、早く査定に出すことです。なぜかというと、着物は存状態がよいものほど高値が付くからです。着物は直射日光を避け、カビが生えないように湿度にも気を配るなど保管が難しいです。着物が劣化する前に売りたいと思った時に査定してもらうことをオススメします。

着物は専門業者がオススメな理由まとめ

着物は買取専門業者がオススメな理由を改めてまとめてみます。

  • 買取実績が豊富

実績がありますので知識やノウハウがあります。プロなので安心して任せることができます。

  • 適正な価値がつく

専門家の査定により着物の価値に応じた適正な値段で買い取ってもらえます。

  • 手間がかからない

専門店には出張買取を行っているところがあります。自宅にいながら査定をしてもらうことができるので、店舗に持ち込む手間がかかりません。

いかがでしたか?着物を売るときは着物買取専門店を利用して、納得のいく値段で買い取ってもらいましょう!!