着物の時にアクセサリーをつけるのはNG?

女の人
着物を着る時に、アクセサリーもつけたい!を思う方もいるのではないでしょうか。しかし、着物にアクセサリーはつけないものと言われることがあります。現代では、普段アクセサリーをつけることが当たり前になっているので、着物のにアクセサリー合わせることに寛容になっています。着物とアクセサリーの関係について種類やシーンごとにご紹介していきます。

和服でのおしゃれと洋服でのおしゃれ

まず、洋服と和服は基本が異なります。アクセサリーはそもそも洋服とともに日本に入ってきたものです。それ以前の和服の文化にはネックレスやイヤリングは存在しませんでした。着物の生地の色合いなどにより美しさを表現したので装飾品はかんざし程度でした。洋服が普及したことで、アクセサリーも普及しました。和装にアクセサリーなんて考えられないというのは洋服に合わせるものだったからですね。洋服と和服はそれぞれの文化背景が全く異なるので全く違う特徴を持っています。洋服は足し算していくことで美しく、和服は引き算していくことで美しさを出そうとします。「引き算」の美しさというとわかりづらいかもしれませんが、日本のわびさびを思い浮かべてみてください。質素な中に美しさを見出そうそうとします。着物を着る時には、こういった洋服との違いを頭に入れておきたいですね。

現代は・・・?

これまで洋服と和服に違いについてお話しましたが「昔の話だ」と言われれば確かにそうです。時代の変化とともに美しさの基準やマナーは変わります。着物をおでかけのために着ていくのであれば好きなようにアクセサリーを合わせても問題ないでしょう。しかし、温まったばに行く時で礼服や・準礼服を着る時は配慮が必要です。

どのラインまでならOK?アクセサリーの種類ごとに解説!

礼服や準礼服を着てフォーマルな場に行くときに身に着けるアクセサリーの注意点をご紹介します。

イヤリング・ピアス

イヤリング基本的に小ぶりなものをつけるようにしましょう。イヤリングでもピアスでも揺れるものはNGです。結婚式などでは揺れるものは揺れ落とすので縁起が悪いとされています。ピアスに関しては耳に密着するものであれば大丈夫です。しかし、特に年齢が高い世代になりますとピアス自体NGと考えでいる人がいるのでピアスは避けたほうが無難だといえます。

指輪

結婚指輪
指輪は、結婚指輪や婚約指輪など普段身に着けているものでしたら大丈夫です。平たい目立たないデザインのものであれば問題ありません。立体的なものや派手なものは好ましくありません。

ネックレス

ネックレス
ネックレスはマナーの問題ではなく着物を着る際にはつけないものです。着物は伊達衿や半衿で胸元飾るので、ネックレスは着物と反します。

帯留

着物真珠や珊瑚の帯留でしたらフォーマルな場面でつけても問題ありません。皇后陛下は正装の場で真珠の帯留をよくしていらっしゃいます。プライベートのお出かけでしたらべっ甲などカジュアルなものを選びましょう。

腕時計

腕時計
フォーマルな場では腕時計は時間を気にしているように見られますので着物を着る時はつけない方がよいです。腕時計を見るしぐさは着物のは似合いませんね。また、しないほうが手首が綺麗にみえます。それ以外の場面では特に決まりはないと考えて大丈夫です。着物に似合う細いベルトのものなどを合わせましょう。

プライベートでオシャレ着として着る時は?

プライベートのお出かけでしたら基本的に好きなアクセサリーを合わせて問題ありません。ネックレスは着物に合いませんが、それ以外でしたら洋服に合わせるようにアクセサリーを選びましょう。着物の品格に合わせてバランスをとりましょう。

番外編 着物の時のネイルは?

ネイルアクセサリー同様フォーマルな場では好ましくないと考えられます。これは、着物を傷つけないようにするといった意味合いもあります。結婚式などお祝いの場では、食事をする機会もありますので不潔といったイメージを持たれることもあります。最近では和装に似合うネイルたくさんありますのでプライベートのお出かけで楽しみましょう!

まとめ


フォーマルな場では基本的にアクセサリーはNGということをお伝えしてきました。しかし、派手なものや着物に合わないものでなければ合わせても大丈夫だと思います。プライベートのお出かけの際に着物にあったものを選ぶのも楽しいですね。