着物を持ち込み買取するメリット・デメリットや状況に合わせた買取方法の選択

不要な着物を処分したい!

タンスの中に眠っている着物をどうにかしたい・・・そんな時に、ゴミとして捨ててしまうのではもったいないです。古いものや汚れがあるものでも、思った以上の価値がある場合があります。着物の買取にはいくつか方法があります。主な方法としては、持ち込み買取・宅配買取・出張買取があります。持ち込み買取は自分で着物を店舗に持ち込んで査定を受けます。宅配買取は、ネットや電話で買取を依頼し、着物を郵送して査定を受ける方法です。出張買取は、自宅に査定員に来てもらい査定してもらう方法です。それぞれの方法にメリット・デメリットがありますのでこれからご紹介していきます。

着物を高値で買取ってもらう方法

着物を高値で買取してもらうにはお店選びが非常に重要になります。まずは、着物買取を専門で扱っているところを選ぶようにしましょう。リサイクルショップなどでは、着物の専門家がおらず、適正な価格が付かない場合があります。専門家にみてもらうと自分では思っていた以上の値段が付くことがあります。着物の専門知識がある査定員に適正な価格をつけてもらいたいですね。

持ち込み買取のメリットとおすすめのケース


着物専門店で、着物の買取や中古の着物の販売を行っているお店があります。

持ち込み買取のメリット

持ち込み買取のメリットは、
・目の前で査定してもらえる
・その場で現金を受けとれる
・所要時間が少なく済む
以上の3点であるかと思います。

持ち込み買取の特徴

買取を行っている着物屋さんは、専門点ですので着物に関する知識が豊富です。お店によっては、有名作家の作品の着物や、アンティーク着物など一部の着物に特化していることがあります。

持ち込み買取がおすすめのケース

上記のように自分の売りたい着物に特化した専門店がある場合には、持ち込み買取がオススメです。手元にある着物が重要無形文化財、人間国宝、伝統工芸、作家、図画会、工芸会など希少価値があることがはっきりしている場合はそれらを主に扱う着物専門に持ち込むと高値が付く可能性が高いです。

着物の売り時はいつ?

着物は基本的に保存状態の良いものですと高額買取してもらいやすいです。日々劣化していくことを考えますと、着物の売り時は今となります!一般的に洋服ですと、それぞれのシーズンものが高く売れます。着物も季節によって着るものは多少変わりますが、着物の買取に関しては基本的に季節は関係ありません。売りたいと思った時が売り時です。

高まりつつある着物の需要

不要な着物が出た時に「そもそも着物の需要はあるのか?」「本当に売れるの?」と疑問に思う方がいると思います。そのような心配は無用です。着物を着る機会というとまずお祝いの席を思い浮かべるかと思います。使用する機会が少ないように思われがちですが、生け花や茶道、華道の場では着物が活躍します。これらは人気の高い習い事でもあります。また、外国人観光客の増加やSNSの広まりにより日本の文化が海外に発信されることで着物は外国人からの注目も集めつつあります。着物をリメイクして洋服や小物をつくるなど着物の需要は高まっています。汚れている着物や古い着物であっても買取してもらうことを検討しましょう!

買取できる着物・織物・和装小物の種類


自分が買取に出したいと思った品が買取の対象となるのか。そんな不安を抱えていませんか。一般的に買取が難しいとされているものに関してご紹介します。

素材が絹以外のもの

着物の素材には絹や麻、ウールなどいくつかあります。一般的に高値が付きやすいのは、正絹でできたものです。お店によっては素材により買取対象外のものもあります。

喪服

喪服の場合、中古のものの需要が少ないため買取は難しいとされています。喪服が査定対象とならないケースがありますので注意が必要です。もちろん喪服も買取対象となっている場合もあります。

汚れがひどい・傷みが激しいもの

クリーニングをしても改善が見込まれない汚れ、傷があるものは買してもらうことが難しいです。しかし、クリーニングにより改善が見込まれるもの、着用したときに目立たないものであれば買取OKなケースもあります。自分で判断が難しい時は一度査定してもらうことをオススメします。

和装小物は・・?

和装小物は着物に欠かせないものです。帯留は高い価格で買い取ってもらうことも期待できる品です。また、伝統工芸品のバックなどは高値で買取が期待できます。伊達襟・重ね襟の場合は未使用のものでしたら買取対象となることが多いです。小物は買取をしてもらう場合まとめて査定に出すようにしましょう。

持ち込み買取で着物を高値で売るには

持ち込みで買い取ってもらう場合、お店選びが重要になります。リサイクルショップでも着物の買取を行っているお店がありますが、着物の価値がわかる専門家がいない場合もあります。その場合高値で買い取ってもらうことは難しいです。着物専門店に持ち込むことをオススメします。

持ち込み買取のデメリット

持ち込み買取のデメリットに関して何点かご紹介します。

・手間がかかる
持ち込み買取の場合、自分で店舗まで出向いて着物を運ばなくてはなりません。傷をつけずに店舗まで運ぶには扱いにも気を付けなくてはなりませんし手間がかかります。
・買取価格が安くなるケースも
持ち込みの着物の買取を行っているお店は個人経営の場合も多いです。個人経営ですと、売却ルートが十分でないことが多く買取価格が安くなってしまうケースがあります。

・時間の確保
着物を持ち込みで買い取ってもらう際に、事前に予約が必要なことがあります。店舗までの移動時間や、事前に連絡を取り日程を調整するなど忙しい方にとっては面倒に感じることもあるでしょう。

まとめ


以上、着物の持ち込み買取を中心にメリット・デメリットを紹介してきました。売りたい着物に合わせた買取方法を選んで納得のいく価格で買取してもらえるといいですね!