母親から譲りうけた着物が大量だが捨てるに捨てられず困っている。

長年保管している着物をずっとそのままにしているがいい加減どうにかしたい。

そんな方々に質問です。着物買取をご存知ですか?不要な着物があって保管場所にも困っている場合、ゴミとして出してしまう以外にも方法があります。着物買取なら着物の価値に応じて適正な値段をつけてもらう方法です。

着物の処分をお考えではないですか?

着物記事
両親から着物を譲り受けた、遺品整理をしていたら着物が見つかった。置き場所にも困っていて着物を処分したいと考えていませんか。

処分する方法としてますゴミに出すことを考えるのではないでしょうか。自治体で処分してもらう場合資源ごみの古着や古布の分類になりますが数が多い場合などはお金がかかる場合もあります。不要なので仕方なくゴミとして処分するにしてもなんだか寂しいものです。

着物の処分に関して「買取」という選択肢

処分に困った際に、着物買取に出すという方法があります。着物を査定に出し、値段をつけてもらう方法です。年代物の着物や大切な方の着物に価値が付くのは嬉しいものです。着物の価値を素人が見極めることは難しいですが、プロの査定員が適正な価格をつけてくれます眠っていた着物に思わぬ価格が付く場合もあります。

どんな着物でもいいの?ブランド品や高級品でしか値が付かないのでは?

「着物を査定に出す」というとブランド品でないとダメなのではないか心配になりますよね。もちろんブランド品や産地の特産品には価値がありますので着物買取において高値が付く品物です。しかし、手元にある着物があるかどうか分からない、着物に関する知識もないといった場合こそプロに査定してもらいましょう。古い着物や汚れがある着物も買取の対象となる場合がほとんどです。

着物の処分方法は他にもあるようです

着物買取に出すことについて先述しましたが、ほかにも方法があります。

女性

人に譲る

欲しい人がいれば着物も活用されよい方法であるでしょう。身近に欲しい人が見つからない場合難しいですね。

オークション

ネットオークションの広まりにより身近に感じる方も多いでしょう。ネットオークションですと買い手が付く保証はありませんし、着物に詳しくないと適正な価格がついているのかもわかりません。また、買い手と連絡を取ったり、自分で発送したりと手間と時間がかかるのが特徴です。

リサイクルショップ

リサイクルショップは大きな街には必ずあり、不用品の処分に便利です。売りに出すというとまずリサイクルショップを思い浮かべるかもしれません。便利な方法ですが、着物を売る時にはあまりオススメ出来ません。リサイクルショップでは着物そのものの価値は考慮されないからです。マニュアルに従って傷や汚れにより判断されますので実際より安価が付いてしまう場合が多いです。

ゴミに出す

ゴミとして自治体に処分してもらう方法です。先述のとおり資源ごみに区分されことが多いですが自治体ごとに異なりますので注意が必要です。有料になる場合もあります。

種類ごとによって異なる着物の処分方法

七五三の着物

親子画像七五三の時に着る着物は基本的に一生に一度しかありません。最近ではレンタルのものも多いですが、子供や孫のために新調する場合もあるでしょう。一度着た後は、捨ててしまう人が多いのが現状です。七五三の着物は買取を断られてしまうこともありますが基本的には売りに出すことができます。

また、帯や下駄、飾り、バッグなどの小物も一緒に売ると高値が付きやすいです。

礼装

振袖代表的なものは、女性の第一礼装の振袖があります。成人式を華やかに彩る振袖ですが、着る機会は一生に一度です。保管しておいて自分の娘に着せたいという方もいると思いますが保管している間にシミができてしまったり虫喰いなどのリスクはあります。

保管場所に困る場合やもう着る人がいないと思われる場合は、買取に出すことを考えてみましょう。振袖には流行がありますが買取をしてもらえる場合がほとんどです。老舗の着物屋のものである場合や証明書がある場合は高額の買取が期待できます。

喪服

最近では、葬儀の場で着物を着る機会は少なくなっているのではないでしょうか。着物を着る家柄であるなどの理由がない場合は洋服を着ることが多いでしょう。

着物を着る機会が少なくなったという流れや喪服にはその家の家紋が入っているという理由から喪服は買取の対象外になることが多いです。中には買取してくれる業者もありますので売りたいときは注意して探してみましょう。

着物の処分は目的に合った適切な処分方法を

不要な着物がある際にそのままゴミとして捨ててしまうだけが方法ではありません。古い着物であっても買取に出すことは可能です。様々な方法がありますが、着物が再び役に立つ方法、自分の納得がいく方法で処分ができるといいですね。
女性後ろ姿

いかがでしたか?今回は不要になった着物の処分方法について様々な方法をご紹介してきました。処分と言ってもそのまま捨ててしまうだけではないということを覚えておいてください。