着物女性
友禅は最も有名な着物の染色方法で着物に詳しくない方でも耳にしたことはありますよね。友禅といっても様々な種類や技法があり、現在では図柄がプリントされたものもあります。友禅の種類や買取相場など友禅について徹底解説します!

着物買取で高値の付く「友禅」とはどんな着物?

友禅とは着物の染色方法の一種です。白い布に下絵を描き、その絵に色付けをしていきます。華やかなで複雑な手法で大変価値が高い着物です。
友禅の名は元禄時代の絵師である「宮崎友禅斎」に由来します。友禅染が流行した背景として、当時幕府から「奢侈禁止令」という禁令が出ており、庶民の贅沢が禁止されていました。そのため着物においても金や銀、総絞り染めといったものは着用できませんでした。そんな状況の中で色鮮やかな友禅染は一線を画す存在であり広まっていきました。元々絵師だった友禅が手掛けたため鮮やか細かな図柄当時のオシャレな人々の心をつかんだのでしょう。

三大友禅

日本各地で製作されている友禅ですが3大友禅と呼ばれるものがあります。

京友禅

京友禅は一番最初に誕生したものです。宮崎友禅斎が京都の祇園に住んでいたからですね。友禅染は工程が何段階にも分かれており、それを担う人々の分業によって成り立っていることが特徴です。貴族にも好まれた京友禅は非常に豪華爛漫です。

加賀友禅

石川県の金沢市で京友禅が独自に発展したものです。加賀友禅の特徴として、草花を写実的に描き、豪華爛漫な京友禅に比べて、落ち着いて艶やかな雰囲気を持っていることが特徴です。加賀友禅技法に「虫食い」という技術があります。写実的と言われるゆえんの一つですが、完全でない草花の形を描くことでもののはかなさも表現しています。繊細な日本文化が表れていますね。

東京友禅(江戸友禅)

東京で製作されている町人好みのあっさりとした図柄が特徴です。色は控えめなものが多く白や藍色を用いられています。また工程を一人の人が担うことも特徴であると言えます。
竹林、千鳥、網干、釣り船などの風景模様が好まれました。

友禅の買取価格が高い理由

着物を着た高齢女性

美しい図柄を持ち伝統工芸品にも指定されている友禅。特3大友禅や有名作家の作品は非常に価値があります。手染めの友禅は工程も多く非常に手間がかかるもので職人の技が光る着物です。それぞれの土地に根付き伝統が継承されている点や工芸品・伝統品としての価値があることが買取価格が高い理由といえるでしょう。

友禅はいくらで売れる?買取相場をご紹介

京友禅
30,000~100,000円
加賀友禅 50,000~150,000円
東京友禅 15,000~90,000円

この価格はあくまで参考価格です。着物の保存状態や作家により買取価格には幅が出ます。しかし、一般的な着物の買取相場は数千円からということを考えますと友禅の買取価格は高額になります。

「保証書」の重要性 正確な査定を

着物を買った際に産地や作家を証明する保証書がついていると思います。保証者は着物の価値を間違いなく証明するものです。見落としがちですが査定の際に保証書があるものとないものでは査定額が大きく変わります。

保証書をなくしてしまった場合もあるでしょう。探しても見当たらないな場合はどうしたらよいのでしょうか。友禅は柄の鮮やかさや絵の緻密さ、素材によって価値が決まります。証紙がなくとも査定はしてもらえますので心配しないでください!

終わりに

着物を着た女性の後ろ姿
いかがでしょうか。友禅は着物の中でも価値が高いものです。着物買取において高額買取が期待できるといってよいでしょう。

着物を高値で売るポイントとしては、着物の保存状態が良いこと・証紙が付いていることがあげられます。着物は保管が難しく、日々劣化してしまうものです。売りたいと思った時が売り時です!