不要な着物は着物買取へ


着る予定のない着物がある・・・
保管に場所をとって邪魔・・・

そんな時は着物買取に出しましょう!しかし、いざインターネットで着物買取業者を探すと様々な会社があり、どの業者を選べばいいか迷ってしまいますよね。そんな悩みを払拭すべく着物買取の相場価格や業者の選び方、高く売る方法まで徹底解説していきます。

着物買取とは?

そもそも着物買取とは、不要になった手元にある着物を査定に出し、査定員が決めた価格で現金に換えるというものです。具体的な方法は、リサイクルショップや古着屋に持ち込む、フリーマーケットを利用する、オークションに出品する、買取業者に依頼する、メルカリなどフリマアプリを利用する、質屋に持ち込むなどがあります。様々な方法がありますがオススメはネットの着物買取専門業者に依頼することです。ネットの買取方法には、宅配買取と訪問買取があります。宅配買取は着物を送って査定してもらい、提示された金額で満足したら取引成立となります。訪問買取は、自宅まで査定に来てもらい、目の前で査定を行う方法です。宅配買取は査定金額が出るまでに時間がかかり、何度かやり取りをしなければならないので手間もかかります。手軽にできて、着物を適正価格で売る点でも安心なのはネットの着物買取専門業者による訪問買取だといえるでしょう。

業者を選ぶポイント

訪問・査定に関する手数料がかからない

出張・査定まで無料の業者を選びましょう。査定金額に満足できず、キャンセルする場合も無料で対応してくれる業者を選ぶと安心です。

中古であるなど様々な条件を引き受けてくれる

中古の着物であったり、小物や帯など、ウール素材のものなどを扱ってくれるものなど査定に幅広く対応してくれる業者を選びましょう。

その場で現金化できる

査定してもらった金額をその場で現金化してくれる業者ですとトラブルも避けることができ安全に利用できます。

着物買取の相場価格って・・・?


着物の価格は保存状態や、ブランド品、作家の人気度などにより価格は異なり、新しいものほど高値がつきやすいと言われています。ご参考までに、買取価格の目安は新品の保存状態の良いもので、10%程度、中古で5%程度とされています。

高額買取してもらえる着物

着物に高値が付くには、いくつか条件があります。

保存状態がよいこと

高値が付くポイントは汚れが少なく保存状態が良いものです。しかし、汚れあるものや劣化がみられるからといってあきらめる必要はありません。査定後にクリーニングをすることを前提として査定を行うので、まずは査定に出してみることをオススメします。

有名作家の作品であること

米沢紬・加賀友禅・京友禅などのブランド力のある着物でしたら一般の着物よりも高値が付く場合が多いです。

高値が付きにくいものは・・・?

使える機会が限られる着物

訪問着はお祝いの席で着ることができ、使われる機会が多いので高値が付きやすい傾向があります。しかし、喪服などはあまり出番がなく取引もされにくいの高値は付きにくいです。また着物にも流行があり流行に合わせて作られたものは高値が付かない場合があります。

サイズが標準的でない着物

着物にもサイズがありますが、標準的な身長である160cm前後の着物が需要が高いです。極端にサイズが小さい着物などは高値は付きません。

和装小物の相場について知りたい!


帯留め・帯揚げ・草履・下駄・着付け小物などはまとめて買取されることが多いです。相場は1,000円~20,000円程度となっております。

着物を高額買取してもらう方法


不要になった着物をせっかく売るのであれば、高値で売りたいものです。ポイントは着物買取専門店を利用することです。実績がある業者を選ぶことでプロの査定員に査定してもらえます。その際、ネットの訪問買取を利用すると自分で持ち運ぶ必要がなく便利です。眠っていた着物に高値が付くかもしれません・・・!