着物の骨とう品と言われ、現在も大正ロマンや昭和モダンとして人気の高い銘仙ですが、そのかわいらしい柄から年齢的に着にくい…サイズが合わない…なんてことはありませんか?この記事では銘仙着物とは何か?や、買取を依頼する際のポイントについて記載していきます。

銘仙ってどんな着物?

銘仙とは着物愛好家なら知らない人はいないとされる平織の絹の着物を指します。
もともと、糸を紡績するときに出るくずなどで養蚕農家の自家用につくっていたものですが、大正から昭和にかけて若い女性の間で流行しました。縦糸と横糸をわざと交互にずらしながら組み合わせて織るので、色の境界線がぼやけて柔らかい印象になります。

銘仙着物は現在ではアンティーク着物と呼ばれ、ノスタルジックでバリエーション豊富な柄がお出かけ着として人気となっています。格式の場では着られませんが、観劇やコンサート、女子会などのカジュアルで華やかな場所にはぴったりです。夏以外の3シーズンに着られることも魅力ですね。

銘仙着物の産地

銘仙は日本各地に産地があり、それぞれに特色があります。

足利銘仙着物の特色

栃木県足利市の足利銘仙着物は歴史が長く、その起源は江戸時代の中期からと言われています。解し絣(ほぐしかすり)という技法を用いていて、目の細かい織り目と色の境界をぼかす技法が美しい銘仙として有名です。
足利銘仙着物は斬新で洗練されたデザインを大量生産によりお手頃価格で販売したことによって、当時は全国一位の生産量を誇りました。

桐生銘仙着物の特色

桐生は「西の西陣、東の桐生」と呼ばれる代表的な織物産地です。生産量としては銘仙五大産地の中で最も少ないですが伊勢崎産地と足利産地の中間に位置し銘仙生産の活発な時期は両産地をサポートしたと言えるでしょう。

伊勢崎銘仙着物の特色

伊勢崎銘仙着物は独自の技法、併用絣で銘仙の中でも独自の発展を遂げました。縦糸と横糸の両方を手織りで織っているため、時間と高度な技術が必要になります。そのため銘仙の中では高価なものとなり、ました。はっきりとした模様と鮮やかな色合いが人気を集めています。

秩父銘仙着物の特色

ほぐし織りという技法で織られ、裏表がないため表が色あせたら裏地で仕立て直しができるのが特徴です。秩父銘仙着物は花や草木がモチーフとして多く取り入れられていることでも人気が高い銘仙となっています。玉虫色に光る質感は秩父銘仙でなければ表現できないと言われる程で、2013年に伝統工芸品に指定されました。

八王子銘仙着物の特色

八王子銘仙着物は細かい地紋の織りが特徴の「カピタン織り」という独自の技法を確立しました。平織の銘仙よりも複雑な色合いとなり、高級感が出ています。

産地によっては高額買取?

本来着物は新しいものほど価値が高く、古くなれば価値が下がるものです。しかし銘仙に関しては、着物としての価値は低くとも人気は高いので、着物の状態によっては一般の着物よりも相場が高くなります。また、70年以上も前に制作された着物なので、程度の良いものは少なく、需要に対して供給量が少ないことも高額買取の理由です。大量生産品である銘仙の中には、絹ではなく、絹に似せて作った生地があり、弱く破れやすい、色落ちや色移りしやすいという特徴があります。そのため保存状態が大きく買い取り価格にかかわってきます。
染色、製織ともに高度な技術が必要な伊勢崎銘仙は、安価な銘仙の中でも特に高額買取が期待できます。

価格相場

伊勢崎銘仙 20,000円~
足利銘仙 8,000円~
無名のもの 500~ 3,000円

銘仙着物の査定ポイント

古いものでも価値を見出される銘仙ですが、ただ古ければいいというものではありません。高額になる条件を抑えておきましょう。

高額になりやすいもの

  • 有名作家や有名産地(足利、伊勢、秩父)で制作されたもの
  • 証紙の有無
  • 模様や柄が時代特有の個性的なもの
  • 仕立直しの可能なサイズの大きいもの
  • 保存状態

銘仙に限らず、着物は仕立てて着るものです。サイズが小さいものは、身長の高い女性が増えている現在では着られる人が限られてしまうので、身丈160cm以上、裄丈65cm以上あると望ましいでしょう。

また銘仙は70年以上も前に作られているものですから、保存状態には十分注意しましょう。縮んでしまうためもちろん家庭での洗濯はできませんが、一度着用したらお手入れをしましょう。

着物のお手入れ方法

陰干しで汗、湿気を取り除く

着物の生地はデリケートなので、直射日光や蛍光灯の光になるべく当てないようにしましょう。着物用のハンガーにかけ、室内で一晩陰干しし、しっかりと湿気を取り除くことが重要です。

シミ、汚れのチェック

シミや汚れは虫食いの原因になります。柔らかいタオルなどで着物のほこりをやさしく取り除きましょう。シミになってしまった場合は無理に手洗いしたりこすったりはせず、クリーニングに出すことをおすすめします。

湿気の少ない場所への保管

着物の収納場所は桐たんすが理想的ですが、タンスにしまう場合には上段に、プラスチック製のケースにしまう場合には除湿剤を入れるなど、湿気がたまらないようにしましょう。また、年に数回は引き出しを開けて湿気を飛ばしましょう。

大正ロマン、昭和モダンを感じさせる銘仙は現在でも需要が高いです。しまい込んだ銘仙があったら思い切って売ってみてはいかがでしょうか?