「染め」より「織り」の方が格上な理由|着物買取口コミドッと練っと

「染め」より「織り」の方が格上な理由|着物買取口コミドッと練っと

着物買取口コミから疑問を解決するなら!|着物買取口コミドッと練っと TOP素朴な疑問 >「織り」>>「染め」の理由

着物の種類、染めと織りでの評価の違い

染めと織りで発生する価値の違いとは

染めと織りという着物の種類があり、染めのほうがその格は上であるといわれています。染めは、織ってから色を染めるもの。逆に織りは、染めてから織るものです。その違いだけなのですが、格には違いが発生するのです。

染めの着物は色もとっても鮮やかで、当然手間もかかります。染めは芸術的な模様こそが評価されているようです、織りの場合は、芸術的というより、柄として図案のように見られてしまうことから、評価が染めよりは低いのです。

とはいえ、染めがいいか織りがいいかはそれぞれ違うものですが、一般的には染めのほうが評価が高いということ。当然、染めのほうが買取をしてもらう場合も高い評価をつけてもらえることとなるでしょう。

着物の買取では染めであっても織りであっても同じ業者で買取をしてもらえます。まずは売りたい着物をまとめて鑑定してもらってください。大抵は自分で見てわかると思いますが、万が一わからなかった場合は染めか織りかも一緒に教えてもらうといいですね。

着物買取は口コミで高く評価してくれるところを選んで買取を依頼しましょう。染めの着物をお持ちの場合はなおさら、高価なものなので、評価をしっかりしてくれるところを探さなくてはならないのです。
京都のおすすめ業者