不要な着物があるけれどシミが付いてしまっている・・!状態が良くないから売るのは諦めようとしていませんか?シミつきもの着物でも買い取ってもらうことはできます。シミ付きの着物を処分する方法・シミが付かないようにする方法をご紹介します。

着物にシミが付いてしまう原因

シミの原因として考えられるの「湿気」です。タンスの中の湿気はもちろん現在は建物の気密性が高いので湿度の管理が大変難しいです。汗がついたままの着物をそのままタンスに保管したことで数年後にシミになってしまったというケースもあります。また、縫い糸が変色をおこし浮いてしまうことで裏地にシミができてしまいます。着物を保管する際に用いられるたとう紙がありますが湿気から完全に守ることはできず、使用期限もあります。同じたとう紙を使い続けることによりシミができてしまうことがあります。

着物にシミなどが付かないようにする方法

着物を綺麗に保管するコツとして

  • 着た後のお手入れ
  • たとう紙の扱い
  • 防虫対策

が挙げられます。

着た後のお手入れ

着物はデリケートな素材でできていますので着た後のお手入れは重要になります。特にかけ衿、袖口には汗が付きやすいです。また、裾には砂埃や泥はねが付きやすいです。着た後にしっかりお手入れすることでその後の保管の際のカビやシミを防ぐことができます。

たとう紙の扱い

着物を買う際にもついてくるたとう紙ですが、通気性や吸湿性に優れておりカビ防止の効果が期待されます。そのまま使用し続けるかたもいらっしゃいますがタトウ紙には期限があり2年程で交換しなければなりません。また、たとう紙に使用されている糊に虫が寄り付きやすいです。着物を天日干しする際に一緒に干すことや、2年たたなくとも紙が膨張している場合には交換することなどが大切です。

防虫対策

虫が付かないようにするために防虫対策をする必要があります。防虫剤を使用するのが一般的ですが防虫剤選びにも注意が必要です。中には着物が変色してしまったりにおいが付いてしまうことがあります。エンペントリン(ピレスロイド系)の防虫剤でしたらにおいが付きにくく変色の原因にもなりにくいのでオススメです。

シミが付いた着物は買取可能?

女性画像
着物の保管は難しいので、シミが付いてしまっている場合もあるでしょう。査定に出した際に買取を断られてしまったらショックです。シミが付いているからといって諦めてはいけません。シミがあっても希少価値がある着物であるので高く買い取ってもらえたというケースもあります。シミがあっても淡いものでしたら染め直しができますし虫食いによる穴を塞ぐ技術もあります。そのような点から傷んだ着物であっても買い取ってくれる業者はありますのでシミや汚れがあっても売ることを検討しましょう。

シミ付きの着物の処分方法

シミが付いているのでゴミとして処分しようとしていませんか?先述のようにシミ付きのものでも買取可能な業者がありますので売ることを検討しましょう。その際どうやって売るかが非常に重要です。シミ付きの着物となると少し注意が必要になります。着物を売る方法として考えられる方法は次の通りではないでしょうか。

リサイクルショップ

まず、不要なものを売るとなるとリサイクルショップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。店舗も多くあり気軽に利用できますが、着物の買取に関しては着物の専門知識を持った人がいない場合が多いので適正な価格をつけてもらいづらいです。シミや汚れがあるとマニュアルに従ってマイナス評価され価値がある着物でもほとんど値が付かない場合があります。

ネットオークション

オークションサイトの利用も広まりつつありますが、買い手がつくかわからないことや買い手との連絡・発送の手配など負担が多い方法です。そのうえシミがある着物となると買い手が付いたとしても買い手がシミ付きであることを見逃しトラブルになる恐れもあります。

着物買取専門業者

一番手軽にでき、高値が期待できるのでオススメの方法です。インターネットを通じて申し込み自宅まで出張して査定してくれる出張買取や着物を発送して査定してもらう宅配買取があります。着物の専門知識を持った査定員が査定してくれるのでシミが付いていたとしても価値がある着物には値が付きます。査定料が無料の業者もありますのでいくつか査定を依頼して査定してもらうこともできます。

処分する前に確認しておきたい着物買取のポイント

    装飾模様

  • 証紙や証明書があるかどうか

着物には証紙と呼ばれる着物の産地や作家を示すものが付いている場合があります。これらを査定の際に一緒に出すことができますと高値が付くことが期待できます。証紙があるかどうかを確認してみましょう。

  • 帯や小物などの付属品があるか
  • 和装小物

帯や和装小物は単体で売るよりも着物とセットで売りに出したほうが価値があるとされます。帯や小物だけでは買取してもらえない場合もありますのでセットの着物がある場合一緒に査定に出しましょう。

まとめ

着物女性
シミがある着物の処分はどうしたらよいのか迷うと思います。しかし、価値がある着物でしたら相応の値が付きます。ゴミとして捨ててしまうのではなく有効に活用しましょう。