反物画像

家に眠っている反物を売りたい!とお考えではないですか?
そもそも反物って売れるの?と疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。

せっかく売るのであれば高値で売りたいものです。あまり値が付かなかったということのなれば悲しいものです。
反物買取に関する基本的な情報を押さえておけば、安心して買取に出すことができます。

着物に仕立てる前の生地である反物は、買取において着物よりも高値での買取が期待できるものなのです!!

基本的なポイントについてまとめましたので参考にしてみてください。

反物って何?

布・繭画像
反物とは、仕立てる前の着物の生地のことです。一人分の着物をつくれる長さである一反ごとに巻物状で販売されています。
反とは布の長さの単位のことです。一反の基準は、幅約36㎝、長さ約12mとなっているものが多いです。最近は体格に合わせて幅が約40㎝のものもあります。

反物の買取相場


反物の価格は使われている素材、作家、状態により様々で一概にいくらということはできません。数千円くらいの値しかつかない場合もありますし、数十万の値が付くこともあります。しかし、一般的に約2万円からとされています。着物は約1万円からとされていますので着物より反物のほうが値が付くものと考えてよいでしょう。

なぜ仕立てた後の着物より高値が付くかというと、体型に合わせて裁断が可能だからです。着物の場合、長い場合は短く仕立てることができますが短い場合は対応することができません。最近は、平均身長が伸びていることや海外にも着物が知られるようになったことから着物でサイズの小さいものだと買取の際の価格が低くなってしまうな場合があります。その点、反物でしたら体格に合わせて作ることができますので、対応サイズが広く、買取相場も高くなります。着物より利用機会が広がる分高値で取引されるということです。

女性画像

値段に幅があると聞くと着物の知識がないという方はどうしたらよいか困ってしまいますね。まずは着物買取専門店に買い取ってもらうようにしましょう。様々な業者がありますが、電話で値段を聞いた際に「一反1万円になります」など実物を見ていないにも関わらず値段を決めるような業者は信用できません。

反物は高額買取も期待できる!高額査定のポイントを紹介!

繭
反物の価格には、素材の種類が大きく影響します。
使われている生地は、絹・麻・木綿の3種類がほとんどです。

特に価値があるとされているのは正絹でできた反物です。これは絹100%のものを指します。100%でなくても絹が使われたものは価値が高いです。

木綿素材のものは、主にフォーマルな場ではなく普段使いの着物に用いられます。冬以外の季節にカジュアルに着られるということで人気があります。しかし、簡単に入り自分で手入れもできる素材なので買取金額が高額になることは期待できません。

麻の素材は、吸水性・通気性が良く丈夫なことが特徴です。自宅で手入れできますので夏の着物の仕立てに最適です。木綿の着物同様、麻の着物はフォーマルな場には着ていけないので買取相場は絹の反物に比べると高くはありません。

どの素材でも言えることですが、有名作家の作品であるものや伝統工芸品など希少価値があるものも高値が付きます。
それを証明する証紙があるとベストです。反物の価値を証明するものですので査定の際は、一緒に出すようにしましょう。

査定価格反物は長年保管していると虫喰いが発生したり、シミができてしまったりと保存が難しいです。保管の際には定期的に手入れも必要なので、売りたいと思った時が売り時です!時と共に劣化していきますので、早めに査定に出しましょう。

状態によって変わる!買取可能な反物の状態

買取可能な反物の状態ですが、虫食いや汚れ、色あせのない保存状態の良い反物は高値で取引されます。

反対に傷みが激しい場合や、明らかな汚れがある場合などは買取を断られてしまう場合もあります。しかし、希少価値があるものは多少の汚れがあっても高値が付く場合があります。明らかな傷みでない場合、判断が難しいと思いますので査定に出すことをオススメします!

反物を買取ってもらうなら出張買取や宅配買取がおすすめ!

反物を売ろうとしたときにお店に持ち込んで買取してもらおうと考えていませんか?反物の買取でしたら、出張買取や宅配買取がおすすめです。

出張買取でしたら、自宅にいながら査定・買取まで行ってもらえます。目の前で査定してもらうことができその場で現金がもらえますので安心です。電話一本で申し込みができ、出張料・査定料は無料で行ってくれる業者もあります。

宅配買取は、買取に出したい品を発送にて査定してもらい、査定額を振り込んでもらう方法です。店舗まで持ち込む必要がないので忙しい方におすすめです。出張買取も宅配買取も他の買取方法に比べ手間をかけずにできるのが魅力です!

反物を売るなら信頼できる着物買取業者へ!


業者によって査定額は変わりますので業者選びは大変重要です。買取相場の部分でもお伝えしたように、反物の価値は実物を見ないと分からないので電話口で価格を提示してくるような業者は信用できません。業者を選ぶときには、買取実績が豊富なところ、顧客満足度が高いところを選ぶと安心です。